ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在の位置
ホーム
くらし・手続き
くらしの出来事
健康・医療
新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者の発生について (R2.3.13相談窓口を追加しました)

新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者の発生について (R2.3.13相談窓口を追加しました)

更新日:2020年03月13日

お知らせ

中華人民共和国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者が発生し、感染者や感染地域が拡大しており、日本国内でも感染者が複数確認されております。

新型コロナウイルスについて

〇新型コロナウイルス感染症とは、過去ヒトで感染が確認されていなかった新種のコロナウイルスが原因と考えられる感染症です。

〇コロナウイルスとは、人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られています。深刻な呼吸疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(サーズ(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス))とMERS-CoV(マーズ(中東呼吸器症候群コロナウイルス))以外は、感染しても通常は風邪などの重度でない症状にとどまります。


〇新型コロナウイルスがどのように感染するかについては、現時点では①飛沫感染(ひまつかんせん)と②接触感染の2つが考えられます。

 ①飛沫感染:感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出され、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染すること

 ②接触感染:感染者がくしゃみや咳を手で押さえたその手で周りの物に触れてウイルスが付き、別の人がその物に触ってウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染すること

〇潜伏期間は現在のところ不明ですが、他のコロナウイルスの状況などから、最大14日程度と考えられています

村民の皆さまへ

○村民の皆さまにおかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケット手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。


○次の2つの症状がある方は弘前保健所の「帰国者・接触者相談センター(☎0172-33-8521)」にご相談ください
 ①風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

 ②強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

※ただし、高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合となります。

弘前保健所(帰国者・接触者相談センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の医療機関「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。

多くの方が集まるイベントや行事等の参加・開催について

多くの方が集まるイベントや行事等に参加される場合も、お一人お一人が咳エチケットや頻繁な手洗いなどの実施を心がけていただくとともに、イベントや行事等を主催する側においても、会場の入り口にアルコール消毒液を設置するなど、可能な範囲での対応を検討いただけますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口

次の3機関で相談を受け付けています。

①弘前保健所 / 帰国者・接触者相談センター 

 ☎0172-33-8521 (受付時間8:30~17:00 土・日・祝日を除く)

②青森県 新型コロナウイルス感染症コールセンター 

 ☎0120-123-801(フリーダイヤル)(受付時間 24時間対応(土日・祝日含む))

③厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)

 ☎0120-565653(フリーダイヤル)(受付時間9:00~21:00 毎日対応)

・聴覚に障害のある方をはじめ、電話での御相談が難しい方に向けて、FAX(03-3595-2756)でも受付を開始しましたのでお知らせいたします。

 

関連情報

首相官邸HP 新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~

厚生労働省HP 中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生について

青森県HP 新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者の発生について

内閣官房HP 新型コロナウイルス感染症の対応について

このページのトップへ