ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在の位置
ホーム
くらし・手続き
くらしの出来事
西目屋村第3期特定健診等実施計画を策定しました

西目屋村第3期特定健診等実施計画を策定しました

更新日:2018年09月11日

 西目屋村第3期特定健診等実施計画を策定しました。

 詳細につきましては添付のダウンロードファイルを参照ください。

1 計画策定の背景

 近年、我が国は、医療技術の進歩や急速な少子高齢化、疾病構造の変化など、大きな 環境変化に直面しており、これまで維持してきた医療保険制度を堅持し、将来にわたり 持続可能なものとしていくための構造改革が急務とされています。

 そのような中で、平成18年に医療制度改革関連法が成立し、平成20年度からメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した生活習慣病予防のための特定健康診査・特定保健指導の実施が医療保険者に義務づけられました。

 本村でも「特定健康診査・特定保健指導実施計画」(第1期計画:平成20年~平成24年度、第2期計画:平成25年~29年度)を策定し、実施してきました。

 第3期計画は、 これまでの特定健康診査及び特定保健指導の実施結果等をふまえ、生活習慣病の発症・ 重症化を抑制し、将来的な医療費の適正化を図ることを目的としています。

2 第3期計画の位置づけ

 この計画は、高齢者の医療の確保に関する法律第19条(特定健康診査等実施計画及び第18条(特定健康診査等基本指針)に基づいて、西目屋村国民健康保険が策定しました。

 なお、 策定にあたっては、「健康にしめや21」「 西目屋村データヘルス計画」等と十分に整合を図っております。

3 計画の期間

 第1期及び第2期計画は、5年を1期としていましたが、医療費適正化計画が6年1期に見直された事を踏まえ、第3期計画は平成30年度から平成35年度までの6年間としています。

このページのトップへ